大量にかく汗が曲者!?夏の美容を妨げる3要素と対策は

夏の定番・紫外線は外出時の徹底的なケアで防ぐ

夏になると誰もが嫌になる炎天下が訪れる訳ですが、夏場は単なる暑さだけでなく、もっと警戒しなければならない要素があります。それが強力な紫外線で、多くの肌トラブルの原因となるこの紫外線を特に外出時、いかにして肌への到達を防ぐかが重要となるのです。一般的には肌の露出部分を抑えたり、日傘をさす等して日照が直接肌を照らすのを防止するという物理的な方法、そしてUVケアの化粧品を肌に塗るといった化学的な方法があります。上手くこれらを組み合わせ夏を乗り切りたいものですね。

大量にかく汗を効率良く発散・吸収するには

また炎天下においてどんなにケアをしても、いずれ防げなくなってしまうのが大量にかく汗。特に閉じた環境となり易い腋や胸の谷間、股間といったエリアは溜まった汗で蒸れ易く、肌荒れや痒みといったトラブルを引き起こし易いものです。こうしたトラブルをいかに防ぐかは効率良い汗の発散・吸収に掛かっているといっても過言ではないでしょう。腋の汗対策なら汗取りパッドを着用するといった対策が取れますが、女性にとって股間のデリケートゾーンの発汗は大変不快で面倒なものですよね。通気性あるいは手入れのし易さの面からいけば、夏場はパンツスタイルよりスカートスタイルの方が理にかなっていると言えるでしょう。

夏バテ対策は飲食の工夫が一番

夏シーズンにおいて美容と健康の大敵となるのは間違い無く夏バテ。これを予防するには特に飲食に気を使い、胃腸に負担を掛け過ぎない様工夫するしかありません。まずは目先の爽快感から冷たい飲食ばかり摂る習慣を止め、発汗と共に失われがちな各種ミネラルを適切に補給してあげる事が大事。とは言っても特別他のシーズンと食事内容を変える必要も無く、野菜、豚肉や魚等の動物性タンパク質、納豆を始めとした植物性タンパク質をバランス良く摂るのがベストなのです。食欲が湧かなければ香辛料を加えた料理で香ばしく仕上げてみるのも一つの方法。またちょっと贅沢出来れば、消化も良い上胃腸の働きを強化してくれる各種ビタミンを豊富に含むウナギを食べるのも良いでしょう。

品川美容外科の死亡について調べる

loading
×